ヒルトン東京 「マーブルラウンジ」 デザートブッフェ スマイル☺カップケーキフェア(2011年9月)

0 Comments
mabu6b.jpg
ヒルトン東京 「マーブルラウンジ」 デザートブッフェ スマイルカップケーキフェア(2011年9月)の写真付き詳細レポート

動画は多いので、下記の記事にまとめてあります。
【動画】マーブルラウンジ、2011年9月のケーキバイキング訪問時の動画
まず、なんて絵文字が表示できることにいちばん驚きました(笑)。
フェア名は一休で先行プランとして発売していた「チョコレート&スパイス デザート ブッフェ」ではありませんでしたけど、チョコとスパイスを使ったデザートに加えてカップケーキもある、という感じの品揃えでしたので、あのフェア名に惹かれて予約してしまった方でも、とりあえずは楽しめると思います。
今回も一人でも一休の約半額プランが利用できる裏技を利用しましたが、名前を伝えるだけで人数確認もなく、
「一休プランなので席は16:00まででお願いします」
という声掛けがあっただけでした。
伝票も、何も言われず普通に1名表記の2011円のものが渡されました。
16:00までに席を立ってもらえさえすれば、人数はもうどうでも良いのかもしれません。
普通に利用するより大幅に安いので飛びついてしまいましたが、冷静に考えると自分の苦手な分類のフェアでしたので、実際に利用してみても、あえてお替りしたいと思える品も無く、前回のフェアよりも満足度は低くなりました。
カップケーキ類の見た目は確かに面白いんですが、もそもそした食感のおかげで喉が渇きますし、水を飲んでしまうとお腹の中で思いっきり膨れ上がるので、種類を食べる、という観点からすると向いていないデザートです。
カップケーキは食べずに、場に置いてある様子を目で見て楽しむだけに留めておくのが、実はいちばん良い楽しみ方な気がしました。
ブリュレも前回のようなさっぱりしたものはなく、いつものすごい甘く重たいものだけでしたので、グラスデザート類もそれほどは楽しめませんでした。
いくら安いと言っても、やっぱり自分の得意でないフェアは避けた方が良い、という教訓になりました。
もっとも、これは単に私の好みの問題ですので、チョコ系の重たい味や、カップケーキのような小麦粉たっぷりデザートが好きな方であれば、(一休の価格前提で)値段相応に楽しめると思います。
正木牧場のホールケーキ写真コレクションが3つも増えたので、良しとしておきます。
次回は、時期的にハロウィン関係だと思いますけど、今回ほど苦手な内容ではないでしょうから、また割引が出ていれば利用すると思います。

マーブルラウンジ(ヒルトン東京)
〒160-0023
東京都新宿区西新宿6-6-2
℡ 03-3344-5111 (レストラン代表)
touminkuma
Posted bytouminkuma

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply